その他

一気に見た海外ドラマ『アグリーベティ』の魅力に迫ります。

僕がハマった海外ドラマで、

一気見してしまったものの、ひとつに、

アグリーベティ』があります。

 

僕は、普段から、

  • スパイもの
  • 捜査もの
  • アクション

 

が好きで、

アグリーベティ』は、

この中には、あてはまりません。

 

しかし、見だしたら、

止まらなかったのです

 

このページでは、

そんな、『アグリーベティ』の

魅力をお伝えしたいと思います。

概要


アグリーベティ』は、

元々は、コロンビアのRCN局で、放送された、

ベティ~愛と裏切りの秘書室』を、

リメイクしたドラマで、

 

ベティ~愛と裏切りの秘書室』は、

世界19カ国でリメイクさました。

 

そのアメリカリメイク版が、

本作の、『アグリーベティ』になります。

 

2006年9月から、ABC放送で放送されて、

2010年までの全4シーズンで終了しました。

 

舞台は、ニューヨークで、

ファッション業界に飛び込んだ、

醜い主人公が、

頭の良さと、持ち前の性格の良さで成功していく

サクセスストーリーになります。

登場人物

アグリー・ベティー』の登場人物の中から、

主人公『ベティー』を中心とした、

周りの数人を、ご紹介します

ベティー・スアレス


容姿が醜く、ファッションセンスがダサいけど、

出版業界で働くことを夢見る『ベティー』役に、

アメリカ・フェレーラ』。

1984年生まれ、カリフォルニア州出身の女優さんです。

 

数多くの映画に出演している彼女は、

本作品で、

テレビドラマシリーズ初の主役に抜擢されます。

 

その後は、

グッド・ワイフ』に3回ほど、

出演していました。

 

僕は、2019年3月現在、

この『グッド・ワイフ』を見ています。

 

グッド・ワイフ』に出演した彼女は、

醜いベティーとは異なり、

少しきれいになっていたため、

一瞬、彼女とはわかりませんでした!!

 

しかし、

2回目に見たときに、もしかして??と、思い、

調べて見たところ、やはり、『ベティ』でしたね。

ダニエル・ミード


ミード出版社の会長の息子で、ファッション誌『モード』の

新編集長に就任する『ダニエル・ミード』役に、

エリック・メビウス』。

1971年生まれ、ペンシルベニア州出身の俳優さんです。

 

数々の映画に出演している彼は、

テレビシリーズでの、メインキャストは、

アグリーベティ』くらいです。

 

他には、

  • シカゴ・ホープ
  • Lの世界
  • CSI:マイアミ
  • CHASE チェイス/逃亡者を追え!

などに、出演している模様です。

ウィルミナ・スレイター


元モデルで、

モード誌のベテラン・クリエイティブ・ディレクター。

 

目的のためなら、何でもする、

野心家の『ウィルミナ・スレイター』役に、

ヴァネッサ・ウィリアムス』。

1963年生まれ、ニューヨーク州出身のシンガーです。

 

彼女は、数多くの、映画に出演していて、

テレビドラマシリーズでは、

日本でも人気の『デスパレートな妻たち』に

出演しています。

 

彼女は、シンガーとして、

来日公演も、数回果しています

マーク・セント・ジェームズ


ウィルミナ』の部下で、

オネエ系の『マーク・セント・ジェームズ』役に、

マイケル・ユーリー』。

 

1980年生まれ、テキサス州出身の、

フリーランスのディレクターです。

 

彼は、毎回変わる、

ウェルミナ』のアシスタントのひとりとして、

1回だけの出演予定が、

ウィルミナ役の『ヴァネッサ・ウィリアムズ』に

気に入られて、

そのまま、レギュラー出演になったようです

ヘンリー・グラブスティック

モード社の経理担当者で、

ベティ』が、気になる存在の

ヘンリー・グラブスティック』役に、『クリストファー・ゴーラム』。

1974年生まれ、カリフォルニア州出身の俳優さんです。

 

彼は、

数多くの、映画やテレビドラマに出演しています。

  • CSI:科学捜査班
  • FBI失踪者を追え
  • コバート・アフェア

 

などの、テレビドラマシリーズに、出演していて、

コバート・アフェア』では、

レギュラー出演していました。

 

コバート・アフェア』は、

スパイもののドラマで、

とても面白かったドラマのひとつです

あらすじ


出版業界で働く夢を持つ『ベティ』は、

家族想いで、性格も良く、大学を優秀な成績で卒業するほど、

頭も良い女性でした。

 

しかし、容姿の醜さと、ファッションセンスがダサいため、

どこの、出版会社も、彼女を雇ってはくれませんでした

 

そんなとき、

ファッション誌「モード」の新編集長として、

ダニエル』が就任します。

 

ダニエル』は、女たらしで有名で、

アシスタントに手を出すことは、間違いありません

 

そこで、

モード誌の会長である、『ブラッド・フォード』は、

ひとつの策を思いつきます。

 

それは、

絶対に手を出さないであろう、アシスタントとして

面接にやってきた、

ベティー』を採用することだったのです

アグリーベティーのここがすごい!

アグリーベティ』は、面白いだけあって、

人気も、すごいです。

 

そんな、『アグリーベティ』の、

すごいところを、いくつかご紹介します

元の作品は驚異の最高視聴率80%

冒頭でお伝えしたとおり、

アグリーベティ』の、元になるドラマは、

ベティ〜愛と裏切りの秘書室』です。

 

そのドラマを元に、

世界19カ国でリメイクさました

 


世界19カ国でリメイクされたことも

すごいのですが、

 

元になった、このドラマは、

コロンビアで、

なんと!!

最高視聴率80%という、

驚異的大ヒットを記録しました

受賞歴

アメリカでリメイクされた

アグリーベティ』も、

もちろん、すごく、

 

エミー賞』『ゴールデングローブ賞』など、

アメリカでは、有名な賞をはじめ、

全米エンターテイメント業界の賞を総なめしました。

 

アグリー・ベティ」の、

主な受賞歴は以下のとおりです。

第59回エミー賞

コメディ・シリーズ部門

  • 主演女優賞
  • 監督賞
  • キャスティング賞

 

ゴールデングローブ賞

2006年

ミュージカル/コメディ・シリーズ部門

  • 作品賞
  • 主演女優賞

 

2007年

★ティーン・チョイス・アワード 2部門

  • アメリカ・フェレーラ
  • バネッサ・ウィリアムズ

 

★全米監督組合賞

コメディ・シリーズ部門

  • 監督賞

 

★全米脚本家組合賞

  • 最優秀新番組賞

 

★全米映画TV俳優組合賞

コメディ・シリーズ部門

  • 主演女優賞

 

★全米衣装デザイナー組合賞

コンテンポラリーTVシリーズ部門

  • 衣装デザイン賞(主演女優賞)

 

などなど、さまざまな、受賞歴があります

ゲスト出演者がすごい!

アグリーベティ』の見どころのひとつに、

有名なゲストが、多数出演することが、

あります。

ゲスト出演者の多くは、

本人役として出演しています。

 

そんな、ゲスト出演者の中から、

3人をご紹介します

ヴィクトリア・ベッカム

サッカーの、イングランド代表としても、

活躍したサッカー選手

デビッド・ベッカム』の妻です。

 

彼女自身も、

アイドルグループ『スパイス・ガールズ』のメンバーとして、

有名でした。

ナオミ・キャンベル

イギリスのファッションモデルとして有名な、

ナオミ・キャンベル』。

 

日本でも、歌手として有名で、

久保田利伸とジュエットをした、

LA・LA・LA LOVE SONG』は、

200万枚を売り上げたほどです。

 

日本のテレビCMにも登場しましたね。

マーサ・スチュワート

マーサ・スチュワート』は、

アメリカのテレビ『マーサ・スチュワート・リビング』が有名な、

アメリカの実業家です。

  • 料理
  • 園芸
  • 手芸
  • 室内装飾

などの、

ライフスタイルを、提案しています

 

日本では、それほど、なじみはありませんが、

アメリカでは、人気の彼女です。

帰宅ラッシュで大混乱

アグリーベティ』は、帰宅ラッシュにより、

大混乱を、引き起こしたことがあります。

 


アグリーベティ』は、

シーズン3まで、木曜日の夜に放送していました。

 

しかし、シーズン3で、

視聴率が大幅に下落してしまいます。

 

それは、特に一番重要な、

18才~49才』の層を、

落としたことが原因でした。

 

そこで、問題解決のために、

金曜の夜に放送時間を変更しますが、

 

今度は、アグリー・ベティファンたちの、

帰宅ラッシュで、

大混乱になってしまったです。

 

結局、

水曜日の夜へと、再び放送時間を変更ました。

 

ドラマの放送時間で、帰宅ラッシュを

引き起こすなんて、すごいですよね!!

最後に

このページでは、

僕が、それほど興味のないタイプのドラマだったのに、

見てみたら、ハマってしまったドラマ

アグリーベティ』について、

その魅力を、お伝えしたえしました

 

アグリーベティ』は、

ベティ』はもちろんのこと、

周りを彩る、キャラクターの良さに、

ハマること、間違いなしです!!

 

一度見てみると、

シーズン4までの全85話を、

一気に見たくなると思います。

 

気になった方は、

是非、お試しください。