その他

ゲーム・オブ・スローンズの魅力とは?

2018年に知り合いが、

「海外ドラマの、ゲーム・オブ・スローンズにハマった!」

と、いうことを聞いた僕は、

ゲーム・オブ・スローンズについて、調べてみました。

 

ゲーム・オブ・スローンズは、パッと見、

ファンタジー系のため、

ファンタジー系が苦手な僕は、

全く、注目していない海外ドラマだったのです。

 

しかし、

ゲーム・オブ・スローンズについて、調べた結果、

そのすごさに、圧倒されました!!

 

そんなにすごい、海外ドラマなら、

見てみたい!と思い、実際に見たところ、

思いの外、ハマってしまいました

 

その当時(2018年)、『Hulu』で配信されていた、

シーズン6まで、[6シーズン×10話]の、全60話を、

1ヵ月もかからないうちに、一気に見てしまったのです!!(笑)


このページでは、ゲーム・オブ・スローンズについて、

その魅力に迫ります。

 

2019年10月15日(火)追記

本日、10月15日(火)0:00~

hulu』で、『ゲーム・オブ・スローンズ最終章~』の配信が始まりました!!

近々、最終章、全6話を見たいと思います。

『ゲーム・オブ・スローンズ』を無料で見る

hulu』では、『ゲーム・オブ・スローンズ』全8シーズンが全て見られます。

2週間無料で、一気見しちゃいましょう!!   ↓ ↓ ↓

Hulu

ゲーム・オブ・スローンズの魅力

ゲーム・オブ・スローンズの魅力とは、どこにあるのか?

それは、壮大な世界観と、

人間味あふれるキャラクターの数々だと思います。

どのような世界観のドラマなのでしょうか?

ゲーム・オブ・スローンズの世界観


世界観は、中世のヨーロッパを彷彿とさせます。

建物やお城、武器なども近いと思います。

 

例えば、家庭用ゲームの『ドラゴンクエスト』のような感じで、

ドラクエが好きな人は、楽しめる世界観かもしれません。

 

また、ドラクエのように、ドラゴンも登場します。

僕はドラクエは好きなので、

海外ドラマで、ファンタジー系は苦手というのは、

ただの食わず嫌いだったのかもしれません。(笑)

 

しかし、

ファンタジー系の映画を見てつまらなかったと、

思ったことも何度かあるので、

何事も、試してみることが大事ですね!

 

その他、

ゲーム・オブ・スローンズには、

ホワイト・ウォーカー」と呼ばれる、

怪物のようなゾンビのような、脅威の存在も登場します。

 

少し謎がある、独特な世界観ですが、

これが、ゲーム・オブ・スローンズの

魅力的なところといえます。

7つの国に9つの名家、人間味あふれる登場人物

ゲーム・オブ・スローンズには、7つの国があり、

ドラマの中では、『七王国』と呼ばれています。

 

その王国に、9つの名家が存在します。

さらに、9つの名家には、魅力的な人間味あふれるキャラクターが

数多く存在します。

これらのキャラクターの数々が、

ゲーム・オブ・スローンズ、一番の魅力でしょう!!

7つの国

ゲーム・オブ・スローンズに登場する7つの国は、

ドラマ開始の時期よりも、300年前に

征服戦争と呼ばれる戦争があり、

奪ったり奪い返したりと様変わりしているようで、

ドラマを見ても、国の詳細は、よくわかりませんでした。

 

ただし、『七王国』と呼ばれているため、

7つの国になることは、確かだと思います。

北部とか、山と谷の王国などと、表現されています。

9つの諸名家

七王国の詳細は、ハッキリとしませんでしたが、

七王国に存在する、9つの諸名家は、

ハッキリとしています。

  • スターク家(北部の領主)
  • グレイジョイ家(鉄(くろがね)諸島の領主)
  • アリン家(山岳地帯の領主)
  • ラニスター家(お金持ちの名家)
  • タイレル家(お金持ちの名家)
  • バラシオン家(現王族)
  • マーテル家(南の領主)
  • タリー家(河川地域の領主)
  • ターガリエン家(元王族)

これら、9つの諸名家になります。

 

これら、9つの諸名家の、入り乱れた人間関係

ゲーム・オブ・スローンズの、ひとつの魅力になります。

 

シーズンの序盤から登場する、

七王国の中の主要な名家4つを紹介します。

バラシオン家

バラシオン家は、

名家の中では最も新しい家です。

 

本拠地はストームズエンドで、

嵐にも強く、周りに敵にも屈しません。

 

バラシオン家の主人、ロバート・バラシオンは、

ロバートの乱と呼ばれる乱で、ターガリエン家に勝利します。


現在は、七大国の王として君臨はしていますが、

人望が薄く、王にはふさわしくありません。

スターク家


北部の領主であるスターク家

シーズン1の物語は、エダード・スターク

が主役というような、ストーリーで進んでいきます。

 

エダード・スタークは、

人間的に魅力のある領主という感じです。

 

そんなスターク家が、争いに巻き込まれて、

家族がバラバラになっていきます。

ターガリエン家


元王族のターガリエン家は、

ドラゴンの血を引いていて、

ドラゴンを操ることができます。

 

この物語が始まるより以前の

かつての王、エイリス・ターガリエン2世は、

狂王と、呼ばれていました。

 

王の証である鉄の玉座に座っていましたが、

凶行がすぎたことにより、

鉄の王座を、ロバートバラシオンに略奪されてしまいます。

 

その後、

エイリスの娘、デナーリス・ターガリエンは、

兄妹で、エッソスという東部へ追いやられます。

 

デナーリスは、生き残った者たちちともに、

再び鉄の玉座を奪還するために動き出します。

 

彼女は奴隷を解放しながら、各地を回ることになります。

ラニスター家

王国の西部に位置するキャスタリーロックを、

本拠地の城とするラニスター家。

領地で黄金が採れたため、名家の中で、最も裕福でした。

紋章は深紅の地に黄金のライオンになっていて、

標語に『訊け、わが咆哮を!』があります。

 

しかし、

ラニスターは常に借りを返す』のほうが、

ドラマの中で何度も出てくるほど、

有名な標語になっています。(笑)

 

ちなみに、標語は、各諸名家にあります。

 

ゲーム・オブ・スローンズは、

このような、国同士が争う物語で、

各国に主要な人物がいるわけです。

 

そのため、ゲーム・オブ・スローンズは、

誰か1人が主人公と言う物語ではありません

さまざまな登場人物

ゲーム・オブ・スローンズでは、さまざまな人物が登場します。

ハッキリ言って、登場人物が多すぎて、

誰が誰だか、わからなくなってしまうくらいでした。

 

そのため、始めの頃は、

登場人物の相関図で、

人物を確認しながら、見ていましたね。

 

それぞれの国に登場する、

人物たちのかけひきは、

ゲーム・オブ・スローンズの、

ひとつの見どころといえるでしょう。

 

登場人物たちのことがわかってくると、

楽しくなってきました。

 

最後に、僕が好きなキャラクターの3人を紹介します。

ティリオン・ラニスター

ティリオン・ラニスターは、

ラニスター家の次男です。

 

小人症のため、体が小さく、

周りからは、小鬼(インプ)と呼ばれ、蔑まれています。

 

父のタイウィンや、姉のサーセイにも、

忌み嫌われています。

 

体が小さいため、武闘派ではないものの、

持ち前の優れた知性を活かし、

幾つもの難局を乗り越えていきます。

 

シーズン1〜シーズン7まで、登場している

重要キャラクターです。

 

僕はこの、ティリオンが一番好きなキャラクターです。

人情味があり、とても優しく、平和な世の中にしたいと

思っているでしょう。

 

演じているのは、ピーター・ディンクレイジです。

 

1969年6月11日アメリカ・ニュージャージー州生まれ

小さな体格を活かして、役者を目指すことを決意した彼は、

名脇役として、活躍します。

 

本作の「ゲーム・オブ・スローンズ」では、

主要人物のティリオンを演じていて、

演技は、特に高い評価を得ました。

 

2011年には、エミー賞&ゴールデン・グローブ賞の

助演男優賞をW受賞!!

2015年に再び、エミー賞の助演男優賞を受賞しました。

 

この他には「X-MEN:フューチャー&パスト」や

「ピクセル」などに出演しています。

サーセイ・ラニスター

サーセイ・ラニスターは、

ラニスター家の長女です。

 

現在の王、ロバートの妻で、

自分の地位や権力を守るためには、手段は選ばない、

冷酷な面があります。

 

子供は、3人いますが、

実は全員が、

ジェイミー・ラニスターとの間に出来た子供です。

 

サーセイは、冷酷で強欲な面がありますが、

美しく、芯の強い女性という感じで、

魅力的な面も多々あります。

 

演じるのは、リーナ・ヒーディ

1973年10月3日イギリス生まれ。

1992年映画の『秘密』でデビューしました。

 

2008年放送開始の海外ドラマ

ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」の

サラ・コナー役を演じて有名になります。

 

ドラマ「ホワイトカラー」では、

ちょい役で、出ていましたね。

デナーリス・ターガリエン

デナーリス・ターガリエンは、

そのむかし、七王国を支配していた、

ターガリエン家の子孫になります。

 

兄のヴィセーリスと共に『鉄の玉座』の奪還を目指します。

 

ターガリエン家には、ドラゴンの血が流れていて、

のちに、デナーリスは、

3頭のドラゴンを引き連れて、

勢力を拡大していきます。

 

物語の後半から、彼女は、ティリオンを仲間に加えて、

一緒に、鉄の玉座の奪還に挑みます。

 

しかし、デナーリスも、ティリオンも、自分たちのことだけを

考えているわけではなく、

奴隷を開放したり、北部に協力したりと、

平和を求めていることが、わかります。

 

そのようなことがあり、

ティリオン』も『デナーリス』も好きなキャラクターですね!!

 

デナーリス・ターガリエンを演じるのは、

エミリア・クラーク

1986年10月23日イギリス生まれ。

 

2011年より出演中の本作「ゲーム・オブ・スローンズ」で

大ブレイクしました

 

その後は「ターミネーター:新起動」などに出演しています。

この役も、『サラ・コナー』です。

 

先ほどの、リーナ・ヒーディも、『サラ・コナー』役を

やっていましたね。

まとめ

このページでは、

ゲーム・オブ・スローンズの魅力について

お伝えしました。

 

ゲーム・オブ・スローンズ世界観と、

数多い登場人物たちは、とても魅力的です。

 

是非、あなたも、

ゲーム・オブ・スローンズをご覧になって、

あなたの好きなキャラクターを見つけてください。

ハマること、間違いなしです!!

 

ゲーム・オブ・スローンズは、

2019年3月現在、シーズン7まで終えていますが、

シーズン8が最終章になります。


ゲーム・オブ・スローンズの最終章、シーズン8は、

2019年4月15日(月)から、

世界同時放送をします!!

楽しみです。

 

2019年10月15日(火)追記

本日、10月15日(火)0:00~

hulu』で、『ゲーム・オブ・スローンズ最終章~』の配信が始まりました!!

hulu』で、配信されるのを、待っていたんですよね~。

近々、最終章、全6話を見たいと思います。

『ゲーム・オブ・スローンズ』を無料で見る

hulu』では、『ゲーム・オブ・スローンズ』全8シーズンが全て見られます。

2週間無料で、一気見しちゃいましょう!!   ↓ ↓ ↓

Hulu