アクション

スパイものの海外ドラマでは『CHUCK/チャック』が面白い!

僕は、スパイものの、

海外ドラマが好きで、

よく見ます。

 

そんな、

スパイもののドラマの中で、

異色な、

スパイアクションドラマがあります。

 

それは、『CHUCK/チャック』です。

もしあなたが、スパイものの海外ドラマが、

お好きであれば、『CHUCK/チャック』を、

オススメします。

 

きっと、『CHUCK/チャック』を見始めたら、

止まらなくなるでしょう

 

このページでは、

そんな、『CHUCK/チャック』のあらすじや、

見どころについて、お伝えしていきます。

概要

CHUCK/チャック』は、

2007年~2012年に、

アメリカNBCで放送された、

ドラマシリーズです。

全5シーズン全91話で、終了しています。

日本でも、配信されていて、

すべてのシーズンが見られます。

 

僕はすべて見ましたが、

このドラマは、

普通のスパイもののドラマとは、

少し違いました。

 

普通のスパイもののドラマは、

たいてい、優秀なスパイが活躍するものですが、

CHUCK/チャック』の主人公、『チャック』は、

優秀ではありません。

 

そんな、『チャック』が、

周りの仲間に助けられながらも、

活躍したり、成長したりする過程が

楽しいドラマです。

登場人物

CHUCK/チャック』の登場人物は、

それほど、多くはありません。

 

主人公『チャック』と、

チャック』の周りにいる

6人の仲間をご紹介します

チャールズ・バトウスキー


家電量販店の『バイ・モア』で働く、オタク青年の

チャールズ・バトウスキー』通称『チャック』役に、

ザッカリー・リーヴァイ』。

1980年生まれ、ルイジアナ州出身の俳優さんです。

 

彼は、数多くの映画やテレビドラマに、

出演しています。

 

僕は、彼を『CHUCK/チャック』で、

初めて知りました。

 

CHUCK/チャック』に出演後に、

HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン』に、

出演したときは、

チャックだ!!と思いましたね。

サラ・ウォーカー


ひょんなことから、『チャック』を護衛することになる

CIAの美人エージェントの、『サラ・ウォーカー』役に、

イヴォンヌ・ストラホフスキー』。

1982年生まれ、オーストラリア出身の女優さんです。

 

彼女は、

映画とテレビドラマに、

数作品ずつ出演している模様です。

 

CHUCK/チャック』に出演したあとに、

24-TWENTY FOUR-リブ・アナザー・デイ』で、

メインキャストの『ケイト』役を務めていました。

 

彼女は、スパイなど、アクションがある

キャラクターが、似合いますね。

ジョン・ケイシー


サラ』と共に、任務に同行して、

チャック』の護衛を務める、

NSAのエージェントの『ジョン・ケイシー』役に、

アダム・ボールドウィン』。

 

1962年生まれ、シカゴ出身の俳優さんです。

彼は、数多くの映画やテレビドラマシリーズに、

出演しています。

 

日本でも、有名なテレビドラマでは、

  • Xファイル
  • CSI:マイアミ
  • NCIS ネイビー犯罪捜査班
  • BONES
  • CSI:ニューヨーク
  • キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き
  • レバレッジ~詐欺師たちの流儀
  • LAW&ORDER:性犯罪特捜班
  • ザ・ラストシップ

 

などなど、

本当に数多くの作品に出演しています

 

ザ・ラストシップ』で、

メインキャストの副艦長役を演じていたのは、

記憶に新しいところです。

モーガン・ギレルモ・グライムス


チャック』の幼馴染で、

一緒に『バイ・モア』で働いている

モーガン・ギレルモ・グライムス』役に、

ジョシュア・ゴメス』。

 

1975年生まれ、ニュージャージー州出身の俳優さんです。

 

彼の、主なテレビドラマシリーズの出演に

  • WITHOUT A TRACE/FBI失踪者を追え!
  • ロー&オーダー
  • キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き

などが、あります。

エレノア・フェイ・バトウスキー


チャック』と同居している姉で、

チャック』のスパイ活動には全く気が付かない、

エレノア・フェイ・バトウスキー』役に『サラ・ランカスター』。

1980年生まれ、カンザス州出身の女優さんです。

 

彼女は、いくつかの映画と、

数多くのテレビドラマに出演しています。

 

日本でも、有名なテレビドラマでは、

CSI:科学捜査班』に出演していた模様です。

デヴォン・クリスチャン・ウッドコム


チャック』の姉『エリー』の恋人で、

スポーツ万能、明るく性格も良い、

デヴォン・クリスチャン・ウッドコム』役に

ライアン・マクパートリン』。

 

1975年生まれ、シカゴ出身の俳優さんです。

彼は、数多くのテレビドラマシリーズに

出演しています。

 

日本でも有名なテレビドラマに、

  • CSI:ニューヨーク
  • マッドメン
  • CSI:マイアミ
  • リゾーリ&アイルズ
  • ダニーのサクセス・セラピー

 

などが、あります。

リゾーリ&アイルズ』と、
ダニーのサクセス・セラピー』は、

僕は、全部見ているはずですが、

全く気が付かなかったですね。(汗)

あらすじ

ある日、オタクで普通の青年『チャック』の元に、

旧友の『ブライス』から、

Eメールが送られてきます。

そのEメールを見た『チャック』は、

気絶してしまいます。

 

実は、『ブライス』は、

CIAのスパイであり、

国家機密の、データを盗んで、

逃走していたのでした。

 

彼は、拘束される前に、

チャック』にそのデータを、

Eメールで送っていたのでした。

 

そのEメールを見た『チャック』は、

国家秘密のデータ全てを、

自身の脳の中に、

ダウンロードされてしまいます。

さらに、

そのEメールが、送られたパソコンは、

CIAが放ったエージェント『サラ』により、

破壊されます

 

それにより、

国家秘密のデータは、

チャック』の頭の中にしか、

存在しないものと、なってしまったのです!!

 

ついでに、

CIAとは、別の思惑で動く、

NAS(国家安全保障局)の、

ケイシー』も、現れて、

 

CIAの『サラ』と、NASの『ケイシー』は、

チャック』の護衛をしながら

監視をすることになりました

 

チャック』は、こうして、

普段は、家電量販店の『バイ・モア』で働きながら、

ときには、スパイとして、

活動することになってしまいます

見どころ

CHUCK/チャック』の、見どころは、

主に、3つに分けられます。

それは、

  • キャラクター設定
  • ストーリー設定
  • 成長していく主人公

の3つです。

それぞれを解説します。

キャラクター設定

CHUCK/チャック』の見どころのひとつは、

その、キャラクター設定にあります。

 

オタクな青年である『チャック』が、

スパイになったり、

 

チャック』の友人『モーガン』は、

取り柄が全くないですが、

常に面白いことをしようとしたりして、

チャック』には、欠かせない存在です。

 

また、

ヒロインで美人CIAエージェントの『サラ』は、

美人でありながら、恋愛は苦手です。

このように、キャラクターひとりひとりに、

くせがあるけど、魅力的な設定になっています。

 

そんな、

チャック』と『サラ』が、シーズンを重ねるごとに

徐々に、仲良くなっていくところも見どころです。

 

普通のスパイドラマだったら、

主人公やヒロインのロマンスは、

よくあります。

 

しかし、

オタク青年が、スパイになったり、

ヒロインが恋愛下手だったりは、

普通のスパイドラマとは、異なる設定といえます。

 

そこには、キャラクターの魅力があるわけです。

ストーリー設定

次の、見どころは、ストーリー設定です。

 

ストーリーが進むにつれて、

実は、チャックの両親が、

国家の秘密に関わっていることが、

徐々に明らかになります。

 

チャックのお父さんやお母さんの謎が、

シーズンを追うごとに、

少しづつ判明するところが、

ひとつの、見どころと言えます。

成長していく主人公

そして、

オタク青年だった『チャック』が、

だんだんと、成長していく過程も、

見どころのひとつです。

 

シーズン1の初めの方は、

弱弱しくて、頼りなかった『チャック』も、

シーズンを重ねるごとに、

たくましくなっていきます。

サラ』や『ケイシー』に、

助けてもらってばかりだった『チャック』が、

国家機密を狙う敵に対して、

勇敢に挑むようになるため、

その主人公の成長が、楽しくなります

 

このように、

3つの見どころが、うまい具合に合わさっていて、

どんどんと、続きが気になるドラマ、

それが、『CHUCK/チャック』です。

まとめ

このページでは、

僕が、大好きなスパイものでありながら、

一風変わったスパイドラマの、

CHUCK/チャック』について、

あらすじや、見どころ、登場人物について、

お伝えしました。

 

スパイもののドラマが好きな人は、

CHUCK/チャック』を見始めたら、

きっと、止まらなくなるでしょう。

 

気になった方は、

是非、ご覧ください。