アクション

海外ドラマの『ブラインドスポット』が面白い!

全身タトゥーの女性が、

ニューヨークの街なかに、

突如と現れて、

事件に巻き込まれていく。

 

そんな、

奇抜なクライムサスペンス傑作に、

ブラインドスポット』があります。

 

2019年現在で、

シーズン4までの製作が決定している、

ブラインドスポット

 

僕は、シーズン2まで、

見終わっています。

 

このページでは、

そんな『ブラインドスポット』の見どころを

お伝えしていきます。

概要


ブラインドスポット』は、

2015年に、アメリカNBCで放送を開始した、

クライムサスペンスになります。

 

製作総指揮には、『グレッグ・バーランティ』らが、

名を連ねています。

 

彼は、

アメリカで、数々のヒット作品を手掛けた

プロデューサーのひとりですね。

 

有名なドラマに、

  • ARROW/アロー
  • ブラザーズ&シスターズ

があります。

ストーリー概要

本作は、全身タトゥーの美女と、

彼女の刺青の秘密を掴もうとする、

FBI特別捜査官』を中心に、

斬新かつ刺激的なストーリーになっています。

さまざまな豪華キャストが出演していて、

2015年、全米平均視聴率ナンバー1を獲得した

人気ドラマです。

登場人物

ブラインドスポットに、

毎回登場する人物に、

FBI捜査官たちが数人います。

 

そのFBI捜査官たちと一緒に捜査に加わるのが、

ニューヨークに突如、裸で現れた

全身タトゥーだらけの女性になります。


ここでは、

主に、その彼女とFBI捜査官数人の

キャストを紹介します。

ジェーン・ドウ


全身タトゥーの女性、『ジェーン・ドウ』役に、

ジェイミー・アレクサンダー

1984年生まれ、サウスカロライナ州出身の女優さんです。

 

彼女は、ドラマの『カイルXY』に出ていたため、

知っていました。

 

カイルXY』でも、

登場シーンは、裸だったような!(笑)

カート・ウェラー


FBI特別捜査官の『カート・ウェラー』役に、

サリヴァン・ステイプルトン

1977年生まれ、オーストラリア出身の俳優さんです。

 

シーズン1で、彼を見たときに、

もしかしたら、『LOST』の主役の人かと

思い、検索してみたら、全く違う人でした。(汗)

 

映画、『アニマル・キングダム(2010年)』で、

演技を評価された俳優さんのようです。

パターソン


FBI科学捜査部門の責任者の『パターソン』役に、

アシュレイ・ジョンソン

1983年8月9日生まれ、カリフォルニア州出身の女優さんです。

 

映画、『アベンジャーズ(2012年)』など、

出演作は、多々ある様子です。

彼女は、子役のころから、活躍されています。

ターシャ・ザパタ


ウェラーの部下の1人、『ターシャ・ザパタ』役に、

オードリー・エスパーザ

1986年生まれの女優さんで、

本作が、初のドラマのレギュラー出演といえます。

 

ゲスト出演では、

  • ザ・フォロイング
  • ゴールデン・ボーイ NYPD
  • ジ・アメリカンズ

など、人気のTVシリーズに

多数出演している様子です。

エドガー・リード


ウェラーの部下の1人、『エドガー・リード』役に、

ロブ・ブラウン

1984年生まれ、ニューヨーク出身の俳優さんです。

 

映画に多数出演していて、

  • コーチ・カーター(2005年)』
  • レッスン(2006年)』
  • ドン・ジョン(2013年)』

などの、出演作があります。

あらすじ

突然、ニューヨークのタイムズスクエアで

発見された、持ち主不明のボストンバッグ


中から出てきたのは、

全身タトゥーの謎の美女でした。

 

彼女のタトゥーは、

凶悪犯罪などに繋がる暗号になっていて

FBIの捜査官ら、主要な人物たちが、

不可解な事件に巻き込まれていくストーリーです。

シーズン1

シーズン1のあらすじは、

複雑なタトゥーを全身に彫られた女性が、

記憶喪失状態で発見されるところから始まります。

 

彼女のタトゥーは、

凶悪犯罪などに、繋がる暗号になっているため、

FBI捜査官たちは、タトゥーの意味を解読し、

タトゥーが意味する、

これから起こる『犯罪や陰謀』などに立ち向かいます。

謎の女性も、捜査員チームの一員として参加するようになり、

さまざまな事件を、解決していきます。

 

チームリーダーの『カート・ウェラー』は、

彼女の本当の正体が、幼馴染ではないか?と、

思い始めるのですが、

やがて別人であると分かります。

 

彼女の正体は、テロ組織から紛れ込んだ、

スパイであることが分かり、

カート・ウェラー』は、

彼女を逮捕することになります。

シーズン2

シーズン2のあらすじは、

全身タトゥーの美女、『ジェーン』は、

シーズン1の逮捕後に、

CIAに渡されていて、拷問を受けていました

 

しかし、

彼女はそこから脱走します。

 

その後、

テロ組織を調査するために、

FBI捜査員のチームに戻ることになります。

 

タトゥーに関連する捜査を再開した彼女は、

二重スパイとしてテロ組織に潜入します

 

テロ組織の幹部には、彼女の弟や養母がいて、

FBIの内部にも、

テロ組織の内通者が入り込んでいることが

分かりました。

あるとき、『ジェーン』が、

二重スパイであることがばれてしまい、

テロ組織から逃げだします。

 

その際に、薬を使い、弟の記憶を消して、

一緒に逃げだします

 

弟は、FBIに幽閉されて、協力することになるのですが、

次第に記憶を取り戻してしまい、

再びテロ組織に戻ってしまいます

 

FBI捜査員のチームは、

テロ組織からの総攻撃を阻止し、

首謀者を逮捕することに成功しました。

 

しかし、

事件はまだ終わっておらず、

FBI捜査員チームが拉致される事件

起こってしまいます。

見どころ

見どころは、

主人公『ジェーン』の登場シーンから、

物語の序盤は、

印象的で、引き込まれてしまいます

 

ニューヨークのタイムズスクエアに置かれた

ボストンバックから現れた

全身タトゥーの、謎の美女『ジェーン』。

 

そのタトゥーには、

捜査官の名前が彫られていたのです!

 

その名前が、『カート・ウェラー

彼が率いるFBIのチームが、

刺青に関係する、さまざまな事件を

担当することになります。

 

ひとつひとつのタトゥーには意味があり、

これから起きる犯罪を解く暗号にも、

なっていました。

  • 刺青の美女は誰なのか?
  • いったい何の目的でタトゥーを彫ったのか?
  • なぜ、FBI捜査官の名前が彫られていたのか?

 

ストーリーを重ねるごとに、

タトゥーが導く、驚愕の真実が浮き彫りになっていきます。

タトゥーと、関連する事件が起こる謎は、

見どころです。

 

シーズン1

シーズン1では、

その、『ジェーン』のタトゥーの謎を解きながら、

さまざまな事件を解決していきます。

 

ウェラーと、捜査官チームらと、

ジェーンの間に、仲間意識が芽生えた頃

ジェーンが逮捕されてしまう展開でした

 

ジェーンは、それほど悪い奴ではないのに、

歯がゆい展開です。

謎も多く残されていて、

二転三転する内容に戸惑います。

 

シーズン2

シーズン2では、

ジェーン』が二重スパイになり、

テロ組織に潜入しますが、

CIAや国家機密など、複雑の事情が絡むようになり、

ますます謎が深まっていきます。

 

タトゥーの謎が気になるところですが、

迫力のある爆発シーンや、銃撃戦など、

たくさんのアクションシーンなどの、

見どころもあります。


一緒に事件を解決してきた、

捜査官たちのドラマや、

ロマンスもみどころです。

 

人間の強さや弱さ、

不安な悩みなどを抱いて生きている

登場人物も見どころの一つです。

まとめ

このページでは、

ブラインドスポットの見どころ

お伝えしました。

 

基本的には、謎が多く、

アクションシーンも、満載で

見どころが、盛り込まれています

 

2019年現在では、

シーズン4までの製作が決まっていて、

僕はまだ、シーズン2までしか

見ていないため、

今後、日本での配信が楽しみです。