マンガ

西倉新久(漫画家)は、弘兼憲史&柴門ふみ夫妻の息子!どんな漫画を描いてる?

弘兼憲史&柴門ふみ』の息子が、

密かに漫画家になっていたことが、

話題になっています

 

彼のペンネームは、『西倉新久(にしくらしんく)』

ちばてつや賞ヤング部門第71回で、大賞を取っている、

実力派です。

 

彼は、どのような漫画を描いているのか?

気になる方もいるはずです。

 

西倉新久』さんの漫画『HOTEL R.I.P.』は、

以下のとおりです。

『HOTEL R.I.P.』西倉新久をamazonで見る

 

このページでは、

西倉新久』さんの、経歴これまで描いてきた漫画の詳細を

お伝えします。



西倉新久プロフィール

名前 西倉新久(ペンネーム)
所在地 東京在住
誕生日 不明
年齢 32~33歳

※2014年12月ちばてつや賞ヤング部門で、大賞を受賞した時の年齢が、28歳でした。

経歴

2007年ごろから活動、作品を公開。

2014年12月22日(月)発売の、週刊ヤングマガジンに掲載された
湊さんの水やりの時間』が、ちばてつや賞ヤング部門71回で、大賞を受賞

2017年8月16日 初の商業出版となる、『HOTEL R.I.P.』を発売。

2019年6月4日 「週刊女性PRIME」により、弘兼憲史・柴門ふみ夫妻の息子と判明。

弘兼憲史&柴門ふみ夫妻の子供だとは隠して活動

2019年6月4日の「週刊女性PRIME」によると、

『西倉新久』さんについて、以下のように、報じられていました。

「実は、超ベテラン漫画家の弘兼憲史先生と柴門ふみ先生の息子さんが、
『西倉新久』というペンネームでひそかに漫画家デビューしているんですよ」

漫画雑誌編集者

 

漫画雑誌の編集者が、このように告げると、

弘兼憲史氏は、次のように話しています。

「ウチで背景の手伝いをしてもらったことはありましたが、
漫画を描いていることは知りませんでした。

あるとき
“『ちばてつや賞』をとりました”
と、報告があって驚きました。

息子の漫画を読んだことはありますが、僕たちの作風とは違って、
繊細な作品だと思いました。

相談を受けたこともいっさいないですね。

弘兼憲史氏

 

柴門ふみ氏も、同様に語っています。

私たちが両親だということを、
息子はずっと隠していたようです。

漫画界は完全に実力主義なので、
親のコネでデビューできる世界ではないのですが、

“親の七光”だと言われることをとにかく嫌っていたみたいです。

私も、彼が『ちばてつや賞』をとるまで漫画を描いていることを知りませんでした。

連載も決定してから報告があっただけで、すべて事後報告でしたね。

アドバイスしたこともありませんし、
あえて両親とは距離をとっているのだと思います。

柴門ふみ氏

 

このように、完全に親とは距離を取って、『ちばてつや賞』を受賞して、

商業出版まで成し遂げた、『西倉新久』さん。

実力のある漫画家さんです。

 

今後の活躍も、期待しちゃいますね。

作品

西倉新久』さんの、これまでの作品は、以下のとおりです。

 

  • 『湊さんの水やりの時間』 後日談 湊さんと半年後の雪の日
  • CHILL
  • アリエの世界(ネーム)
  • 『星くずのステージ』 番外編 あこがれの由比ヶ浜
  • ハローそしてグッドバイ
  • マジックミラー業
  • スチロンアースは哀しきけもの
  • オリビアとトルーデの日記
  • espcomplex 
  • ウォーターリリー
  • 199X年の論客たち
  • つよくてニューゲーム
  • HIDDEN
  • 海月海
  • 運指
  • ひまわりの落丁
  • 姉弟間引力
  • LADY雅楽
  • LOTUS
  • 星くずのステージ
  • PHOTO’N’TRIP
  • おきのどくですが
  • マイ・フェイバリット・ビター
  • からあげ地獄変
  • もうやん地獄変
  • 夏フェス地獄変
  • AtoZ

 

このように、さまざまな作品を公開されています。

 




さいごに

このページでは、

弘兼憲史&柴門ふみ』の息子、

西倉新久』さんの、これまでの活動や、

マンガについて、お伝えしました。

 

西倉新久』さんの作画は個性的で、

独特な雰囲気があります。

きっと、独学で頑張ってきたのでしょう。

今後の活躍を期待します

 

さいごまで、お読みいただきありがとうございました。