マンガ

博学王 13 1/2のビックリ大図鑑の購入はおススメ?どんな図鑑?

2019年10月25日(金)に、

世界トップクラスの図鑑の出版社として有名な『DK社』の、

博学王 13 1/2のビックリ大図鑑』が、

集英社』から発売されます。

 

林修(はやしおさむ)』先生も、大絶賛していることで、

このビックリ大図鑑は、「どのような図鑑なのか?」

子供に買っても大丈夫か?」と、

気になる方もいるはずです。

 

このページでは、

博学王 13 1/2のビックリ大図鑑』が、どのような図鑑なのか?

どのような人におススメなのか?

お伝えします。




博学王 13 1/2のビックリ大図鑑とは?

↑amazonで見る↑

書籍名 DK社
発売日 2019年10月25日(金)
金額 3,000円+消費税
編集 DK社
発行者 集英社

 

博学王 13 1/2のビックリ大図鑑』は、

図鑑の出版社として、世界的に有名な『DK社』が創った大図鑑です。

さまざまな分野の雑学が、図鑑の形式で、ちりばめられています。

 

まずは、この図鑑を編集した『DK社』について、簡単に説明します。

DK社とは?

DK社ロゴ DK社

 

●DK社概要

社名 DK社
創立年 1974年
創立者 クリストファー・ドーリング
ピーター・キンダスリー
地域 イギリス・ロンドン
出版物 図鑑・旅行ガイド・料理・ゲーム・ガーデニング・健康・ビジネスなど・・・

 

DK社(A Dorling Kindersley Book)』は、イギリスの出版社で、

1974年に『クリストファー・ドーリング』と

ピーター・キンダスリー』の二人が創設しました。

 

DK社』の名前の由来は、この二人の頭文字となっています。

 

元々は、書籍を包装する会社として、設立されましたが、

1982年からは、書籍の出版も始めました。

 

最初に出版した本は、『医療サービスのための応急処置マニュアル』で、

光沢のある白い背景に豪華に描いたテキストが、

DK社特有のスタイルを確立しました。

 

出版の分野は、

  • 旅行ガイド
  • 美術
  • 工芸
  • 歴史
  • 自然科学
  • 料理
  • ガーデニング
  • ゲーム
  • 健康
  • ビジネス
  • レゴ関連
  • ディズニー関連
  • スターウォーズ関連

 

と、さまざまな分野の内容の書籍を出版していて、

特に、大人から子どもまで楽しめる『一生ものの図鑑』は、

世界トップクラス定評があります。

 

DK社』の書籍は、世界62言語におよぶ120カ国以上の域で、

翻訳されて、出版されています。

 

今年は、創業45周年を迎え、4〜5月にかけて、イベントも行われました。

創業45周年のイベント

博学王 13 1/2のビックリ大図鑑の内容

博学王 13 1/2のビックリ大図鑑』の内容を、

次の3つのポイントに分けて、解説します。

 

  1. 大迫力のビジュアル
  2. ジャンルは80テーマ
  3. 13項目+αのビックリ知識

 

大迫力ビジュアル

本書では、ひとつひとつのテーマごとに、

見開きで、『大迫力なビジュアル』が描かれています。

ページをめくるたびにワクワクする作りになっています!

 

例えば、恐竜をテーマにした、『先史時代の生物』では、

以下のように、大迫力の恐竜のイメージが、描かれています。

 

ジャンルは80テーマ

大図鑑の気になる中身は、さまざまなジャンルのテーマを

全部で80テーマを掲載しています。

 

どのテーマが、知的好奇心を刺激するのでしょうか?

どんな人にとっても、2、3個は、気になるテーマがあるはずです。

 

全80のテーマは、以下のとおりです。

もくじを紹介

1.地球の構造
2.いろいろな果実
3.自動車の進化
4.トラ ネコ科の親分
5.菌類 おどろくべき生き物
6.物理学って何?
7.ダイヤモンド まばゆい輝き
8.蒸気のパワー
9.先史時代の生物
10.目のしくみ まぶたの中
11.惑星がずらり
12.サメが来たぞ!
13.伝える コミュニケーションの方法
14.芸術って何?
15.サソリ しっぽの毒針
16.水はめぐる
17.スポーツを楽しもう
18.昆虫がいっぱい
19.ファラオ エジプトの王たち
20.ハエ 身近にいるきらわれ者?
21.偉大な哲学者たち
22.食べ物 かしこく食べよう
23.メッセージをうけとる
24.石のひみつ
25.時計の歴史
26.おどろきの動物世界
27.ローマの支配
28.タネってすごい
29.音楽を止めないで
30.超音速の世界
31.食べる・食べられる
32.血液はかけめぐる
33.深海のなぞ
34.火山の噴火 飛びだす岩石
35.オーロラ 夜空に舞う光
36.映画をつくる
37.中世の騎士
38.ヘリコプター
39.物質の三態とは?
40.わたしたちの太陽
41.ふ化 卵のふしぎ
42.骨っておもしろい
43.おどろきの両生類
44.いろいろな言葉
45.すてきに着飾る
46.チョコレートの話
47.金属の性質
48.飛行機の今とむかし
49.電球 電気の火花
50.シャチ 狩りの名人
51.数字のあれこれ
52.ハチは働き者
53.食べたものはどこへ?
54.美しい土星
55.鳥 羽毛を持つ生き物
56.ヴァイキング
57.嵐を巻きおこす
58.強いぞ!軟体動物
59.環境問題 できることは何?
60.宇宙服 その特別な機能
61.スノーボード 力のひみつ
62.医療驚異の進歩
63.夜空 きらめく銀河
64.色のふしぎ
65.ティラノサウルス・レックス
66.読書の楽しみ
67.武士道
68.ピアノのしくみ
69.カツオノエボシ
70.世界は石油でできている
71.脳の働き
72.怪物 想像の世界
73.お金の話
74.インターネット 情報革命
75.植物 命を支える大切なもの
76.古代ギリシアの栄光
77.ワニ 水中のハンター
78.重力って何?
79.筋肉の力
80.ネコ 好奇心いっぱい

 

このような、全80テーマの内容をお届けします。

13項目+αのビックリ知識

この大辞典に載っている、全80テーマの内容は、

13項目+α』の知識が、びっしりと詰まっています。

 

例えば、『ファラオ』のページでは、

下記の画像に、赤丸で示されているような

13項目+α』の、雑学が書かれています。

 

つまり、これまでの、3つのポイントを総合すると、

博学王 13 1/2のビックリ大図鑑』では、

見開きで、『大迫力なビジュアル』の中に、

13項目+α』の知識が、

びっしりと、80テーマ掲載されていることになります。




林修先生もおすすめ!!

いつやるか? 今でしょ!』で、流行語大賞を取り、

世間で話題になった『林 修(はやし おさむ)』先生も大絶賛していて、

次のようにコメントしています。

 

「読めば、もっと調べたくなる。この図鑑は【知の入口】だ!」

林修先生が語る『博学王』の魅力

林修先生は、『博学王』の魅力について、次のように語っています。

動きとリアリティがあり、パッと子どもの目を惹くビジュアルになっています。
80のテーマの立て方も面白い。きっと子どもは好奇心をかき立てられるだろうし、
この図鑑のどこかに、興味を持つページを見つけられるのではないかと思います。
子どもの頃の僕は、間違いなく飛びついたでしょう。

林修先生のおすすめテーマ・ベスト3!!

林修先生が、おススメのテーマは、次の3つになります。

  1. チョコレートの話
  2. 数字のあれこれ
  3. 色のふしぎ

 

以上の、『林修先生』が選んだ、テーマ3つについて、

林先生自身の感想を踏まえた、コメントを紹介します。

チョコレートの話

子どもも大人も大好きなチョコレート。

カカオ豆の話からはじまり、このページで知識の確認ができました。

数字のあれこれ

こうした概念的なテーマを読めるのも、この図鑑の面白いところ。

数字の性質って本当に不思議で、中でも「ゼロ」はすごい!

色のふしぎ

ビジュアルが美しくて、ながめているだけで楽しくなります。

ここに挙げた3つともそうですが、

僕は根本的な『要素』が好きで、知りたくなるのです。




博学王 13 1/2のビックリ大図鑑はどんな人に向いているのか?

博学王 13 1/2のビックリ大図鑑』は、全80テーマ

多彩な内容になっています。

そのため、子供から大人まで楽しめます。

 

しかし、僕としては、

やはり、『小学生に一番向いている本』と考えます。

その理由をお伝えします。

なぜ、小学生に向いている本なのか?

これまでお伝えしたとおり、『博学王 13 1/2のビックリ大図鑑』では、

80ものテーマで、知的好奇心を刺激するものが、ちりばめられています。

 

そのため、この大図鑑を子供に読ませることで、

あなたの子供が、どのような分野に興味を持つのか、

知ることが出来ます。

 

子供は、出来るだけ小さいうちから、興味をあることをたくさん吸収して、

自分の好きな興味のある分野で、将来活躍できるように

なってもらいたいですよね。

 

それを探るのに、最適なのが、『博学王 13 1/2のビックリ大図鑑

と、いうわけです。

お子様へのプレゼントに最適

以上のようなこともあり、小学生のお子様をお持ちの方には、

博学王 13 1/2のビックリ大図鑑』は、おススメです。

 

特に、誕生日クリスマスで、お子様へのプレゼントとして最適です。

是非、お子様にプレゼントして、

お子様の興味のある分野を、引き出してもらいたいですね。

 

もちろん、大人が読んでも、好奇心をかき立てられる内容になっているため、

お子さんに買ったのに、

自分も熱心に、読んでしまうことになるかも知れません?!(笑)

 

筆者の興味のある分野

ちなみに、僕の特に興味のある分野は、

以下の6つのテーマでした。

17.スポーツを楽しもう
29.音楽を止めないで
32.血液はかけめぐる
71.脳の働き
73.お金の話
79.筋肉の力

 

僕は、スポーツや音楽は、気になりますね。

あとは、人間の体の仕組みは、健康のために、

勉強になります。

 

特に、『血液の巡り』について知っておくことは、

体の健康の維持に役に立ちますね。

 

お金の話』も小さい頃から、知っていた方が良いですね。

社会に出たら、とても、大事なことなのに、

学校では教えてもらえないですからね。^^;

DK社の図鑑あれこれ

DK社』の図鑑は、『博学王 13 1/2のビックリ大図鑑』以外にも、

さまざまな図鑑が発売されています。

 

その中で、気になった図鑑を5つご紹介します。

経営学大図鑑

↑amazonで見る↑

経済学の図鑑があるんですね。

起業から人材育成に、財務、ビジネス戦略、マーケティング、など、

実際のビジネスの流れを、わかりやすい図解と豊富な実例で紹介しています。

 

車のフォード社で、一時代を気づいた、『H・フォード』氏や、

アップルを創業した、『スティーブ・ジョブズ』まで、

世界のビジネス・パーソンの名言を掲載しています。

ラグビーがわかる本

↑amazonで見る↑

今年は、日本でラグビーワールドカップが開かれて、

ラグビー日本代表は、初のベスト8入りを果たし、

日本中で、盛りあがりました。

 

ラグビーに関しては、ルールが少し分かりにくいこともあり、

このような図鑑があると、ラグビーについて、

理解が深まるのではないでしょうか。

発明と技術の百科事典

↑amazonで見る↑

発明と技術に関する図鑑で、

古代の発明から、人間の生活を一変させた発明品の数々を、

図解とともに紹介しています。

 

例えば、古代文明の技術に、石器や、農耕がありますし、

火薬は、人類に深く影響を及ぼしていますね。

 

近代では、ロボットやスマートフォンなどの技術も解説しています。

地球大図鑑

↑amazonで見る↑

地球に関する図鑑です。

人間と地球環境に関する事柄を主に、リアルなCGを取り入れて、

専門家がわかりやすく解説しています。

図解により、自然現象が相互につながり合っていることが、

一目でわかります。

犯罪学大図鑑

↑amazonで見る↑

なんと!犯罪に関する図鑑まで、ありました。^^;

世界中の歴史に残る犯罪を、

オールカラーの写真や図解とともに解説している図鑑になります。

 

事件の概要だけではなく、犯罪者側の心理から、

捜査方法、社会に与えた影響まで、幅広く考察しています。

さいごに

このページでは、

博学王 13 1/2のビックリ大図鑑』が、どのような図鑑なのか

どのような人におススメなのか

お伝えしました。

 

僕も、このビックリ大図鑑を見つけた瞬間から、

気になってしまいました。

DK社』の図鑑には、さまざまなジャンルがあります。

 

まずは、この『博学王 13 1/2のビックリ大図鑑』で、

お子さんの興味のある分野をしぼりこんで、

さらに、深く追求していくために、

興味のある分野の『図鑑』を購入していく流れが、

より、知識と興味が深まり、良いでしょうね。

 

さいごまで、お読みいただきありがとうございました。