ライブ

ASKA コンサートツアー2019のセトリは?

ASKA CONCERT TOUR 2019

Made in ASKA

-40年のありったけ-

の最終日公演を、

東京国際フォーラム(Aホール)で、見てきました!

 

このページでは、

ASKA CONCERT TOUR 2019

Made in ASKA ASKA -40年のありったけ

 

最終公演の、

気になる『セットリスト』について、

お伝えします。

 

まだまだ、この後には、

日本武道館等の追加公演もありますので、

ネタバレされたくない方は、注意してください。



ライブ概要

ASKA CONCERT TOUR 2019

Made in ASKA ASKA -40年のありったけ

 

2019412日(金)

東京国際フォーラム、Aホール

で、開催されました。

 

2018年には、

ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE-

が開催されて、記憶に新しいところです。

このコンサートは、クラシックコンサートでした。

 

しかし、今回の、『ASKA CONCERT TOUR 2019』は、

バンド形式のライブです。

 

『-40年のありったけ-』というタイトルにふさわしく、

チャゲ&ASKAデビューから、40年たったいまを、

チャゲ&ASKA時代の曲から、最新の曲まで、

楽しませてくれました。

 

それでは、『セットリスト』を見ていきます。

セットリスト

開場17:30

開演18:30

演奏スタート18:35

O.P.

僕だけのオリンピックテーマ曲

未来の勲章

ONE

明け方の君

Cry

Girl

憲兵も王様もいない城

Man and Woman

めぐり逢い

MOON LIGHT BLUES

はじまりはいつも雨

いろんな人が歌ってきたように

 

-もぐもぐタイム-(休憩タイム)

20:00 メンバー紹介

2

FUKUOKA

LOVE SONG

リハーサル

と、いう話さ

晴天を誉めるなら夕暮れを待て

ロケットの樹の下

今がいちばんいい

散文詩〜歌になりたい

アンコール

Y.M.C.A(西城秀樹)

UNI-VERSE

終幕21:30

ライブ感想

今回の公演の感想を順を追って

お伝えします。

開演前

会場の『国際フォーラム(ホールA)』へ入りますと、

いくつか、造花が贈られていました。

そこから、上へあがると、グッズ売り場があり、

結構人が並んでいましたね。

 

グッズは、以下のようなものが売られていました。


左下はピックで、既に売り切れていました。

 

とりあえず、グッズを選んで、3点ほど、買いました。

僕が買ったグッズは、以下の3点です。

  • フェイスタオル(2,000円)
  • クリアファイル2枚セット(1,000円)
  • ポストカード5枚セット(700円)

O.P.


開演を待つこと30分。

18:35分に、音楽が流れ始めました。

  • 僕だけのオリンピックテーマ曲

 

オープニング曲は、ASKAが勝手に作った

オリンピックのテーマ曲です。(笑)

 

一時期、テレビでも話題になった、

曰く付きの曲ですね。

本人も、それを言っていて、会場は笑いに包まれました。

1曲目〜6曲目

  • 未来の勲章
  • ONE
  • 明け方の君
  • Cry
  • Girl
  • 憲兵も王様もいない城

1曲目の『未来の勲章』が始まると、

会場のお客さんは皆一斉に、立ち上がります。

 

4曲目の『Cryは、ファンの間では、名曲と評判の曲です。

元々は、ASKAがプロデュースしてデビューした、

黒田有紀』さんに、提供した曲です。

 

僕は、『Cry』のASKAバージョンは初めて聴きました。

 

6曲目の、『憲兵も王様もいない城』が終わったところで、

ASKAが「ゆっくりしてください」と声をかけます。

 

ここから、会場のお客さんは、席に座り、

ゆったりとした鑑賞になりました。

7曲目〜11曲目

  • Man and Woman
  • めぐり逢い
  • MOON LIGHT BLUES
  • はじまりはいつも雨
  • いろんな人が歌ってきたように

 

7曲目『Man and Woman』から

9曲目『MOON LIGHT BLUES』まで、

チャゲ&ASKAの曲が続きます。

しかし、アレンジはソロバージョンです。

MC

10曲目『はじまりはいつも雨』の前に、MCが入ります。

 

よく、アーティストの中には、『ビートルズ』だったり、

ジャニス・ジョプリン』だったり、少なからず

影響を受けたアーティストがいることが多いです。

 

しかし、ASKAは、特に誰かから影響を受けたことはない

とのことでした。

 

そんなASKAでしたが、デビュー後に、

もうある程度歌手としてのキャリアを積んでいた中、

電子楽器が普及するころに、影響が受けた人物がいたとのことでした。

 

その方は、

1967年から現在まで活躍している、アメリカのロックバンド『シカゴ』を

プロデュースしたことがある、『デイヴィット・フォスター』氏でした。

 

彼は、当時、低迷していた『シカゴ』を、

Hard to Say I`m Sorry』(素直になれなくて)で、

完全復活させます

 

デイヴィット・フォスター』氏の影響を受けていたなんて、

初めて知りました。

 

10曲目の『はじまりはいつも雨』は、そんな影響を受けている1つだと

いうことでした。

 

家に、帰ってきてから、『Hard to Say I`m Sorry』(素直になれなくて)を

聴いてみると、

確かに、ASKAソロの曲で、影響を受けた曲がありそうだなと思いましたね。

 

11曲目、『いろんな人が歌ってきたように』が、終わったところで、

1部終了。




もぐもぐタイム

ここから、しばしの休憩タイムに入ります。

 

2018年に行ったクラシックコンサートでは、

クラシック形式のため、2部制でした。

 

ASKAは、

「バンド形式のライブでは、なかなか2部制は出来ないけど、

途中でトイレ休憩に行きたい人もいるでしょうし、

今から、ちょっと会議を始めるので、

トイレに行きたい人は、適当に行っちゃってください。」

と、いうことで、

 

トイレに行く方がチラホラ

 

その間に、ステージ上では、

ASKAが背を向けて座り、演奏者たちが円を描いて、座り込みます。

まるで、井戸端会議です。(笑)

 

そこに、お茶など、軽食が運び込まれます。

 

この休憩は、

もぐもぐタイム』と言われていて、

毎回のライブで、異なる軽食が運ばれてくる模様でした。

 

最終公演の今回は、うなぎでしたね。

ASKAのオフィシャルサイトによると、

神田きくかわ』さんの、うな重とのことでした。

 

トイレに行ったお客さんも、ある程度戻って来て、

観客の誰かが、

「全員集合したよ〜!」っと、声をかけます。

 

ASKAが、いかりや長介のマネで、

全員集合〜!」「次、行ってみよう!

などと、言ってました。(笑)

 

そこで、僕は、「もしかして!?」と、時計を見たところ、

20:01』でした!!

 

まさかの、8時だよ!全員集合〜!!(笑)

 

これは、観客が狙ったのか、

どうなのでしょうか?

多分、ステージ上のASKAは時間は、知らなかったと思います。(笑)

メンバー紹介

トイレに行ったお客さんがチラホラと

帰って来ながらも、

ASKAは、ステージ上で、メンバー紹介をおこないました。

2部開始:12曲目〜19曲目

  • FUKUOKA
  • LOVE SONG
  • リハーサル
  • と、いう話さ
  • 晴天を誉めるなら夕暮れを待て
  • ロケットの樹の下
  • 今がいちばんいい
  • 散文詩〜歌になりたい

 

12曲目、『FUKUOKA』を、ASKAは腰を下ろしながら、

しっとりと聴かせます。

 

19曲目には、『散文詩〜歌になりたい』も聞かせます。

 

ASKAは、散文詩の詩集を発売したばかりです。

アンコール 20、21曲目

お約束のアンコール、

 

ASKAは、

「誰でも知ってる曲をやるから、恥ずかしがらないで、よろしく~」と、

振付を、一緒にとお願いします。(笑)

 

曲は、昨年お亡くなりになった、『西城秀樹』さんの『Y.M.C.A

20曲目、『Y.M.C.A(西城秀樹)

 

いや、若い人も結構いたけど、知ってるのかなぁ?」と、思いましたね。(^^;)

 

21曲目『UNI-VERSE』で、最後の曲でした。

 

終演21:30

合計3時間ほどの、ボリュームのあるライブでしたね!!

いかりや長介の他に、アントニオ猪木のマネも飛び出し、

笑いあり、感動ありの、すばらしいライブでしたね。




さいごに

いかがでしたでしょうか?

ASKA CONCERT TOUR 2019

Made in ASKA

-40年のありったけ-

の最終日公演のようすを、お届けしました。

 

冒頭でお話ししたとおり、

まだまだ、追加公演が続きます。

最後に、今後の公演をお伝えします。

追加公演

東京公演

2019年4月23日(火)

日本武道館

開場 17:30/開演 18:30

 

大阪公演

2019年4月25日(木)

フェスティバルホール

開場 17:30/開演 18:30

 

愛知公演

2019年4月30日(火)

愛知県芸術劇場 大ホール

開場 16:30/開演 17:00

 

さらにさらに、追加公演後は、

アジアツアーが開催されます!!

ASIA TOUR(アジアツアー)

台湾公演

2019年6月9日(日)

台大綜合體育館

香港公演

2019年6月16日(日)

MacPherson Stadium(マクファーソンスタジアム)